LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
体質改善

【悪い習慣を断つ】身体と心がボロボロになる前に

こんにちは!ゆうころです。

忙しい毎日、気付いたらもうこんな時間!なんてこと、よくありますよね。そんな日が続くと、残業が増え、ちゃんとした食事も取れず寝不足になってしまいます。

そして何だかイライラしてしまったり、体調不良でダウンしてしまったり…これは日々無意識にやってしまっている悪い習慣のせいなんです。

悪い習慣に気づき、断つことで一気に体調不良や、イライラとおさらばできます。

今回は悪い習慣を断つ方法をご紹介します。

目次
  • 悪い習慣を断つ方法
  • 習慣は良くも悪くもつながっている
  • 悪い習慣が続くと心も身体もボロボロ【実体験】

この3点を詳しくお話ししていきます。

悪い習慣を断つ方法

悪い習慣とは?

  • テキトーな食事
  • 寝不足
  • シャワーのみ
  • 残業続き
  • 人に合わせた予定で行動

まず、食事の質が落ちていたり、睡眠時間が削られているような生活は悪い習慣のスタートラインを切ってしまっています。

そしてお風呂の時間もシャワーのみでササッと終わらせているのも良くないです。ゆっくりお風呂に浸かって血行を促進し、汗をかくことでデトックス効果もあります。

食事・睡眠・入浴は疲れたカラダを回復させるためにとても重要な役割を果たしています。忙しくてもこの3つがしっかり出来ている状態だと、体調を崩すことがありません。

そして残業や、人に合わせた予定での行動。これは、自分本位の行動が出来ていないために精神的に疲れます。

最近何だか疲れが取れないな…という人は 悪い習慣がすでに始まっている可能性があります。

どれか一つ悪い習慣をやめる

何とか悪い習慣を断ちたい、けどなかなか全部を一気に変えていくのは難しいです。なので、まずは一番簡単に出来そうなやめられそうな習慣から手放していってください。

例えば、残業が続いている場合、毎日定時帰りは難しいかもしれませんが、週に2日は定時退社する。と決めて、残業という習慣を手放していきます。

すると定時で帰れた日に、しっかりお風呂に入れたり、おいしい食事を取れたり、良い習慣がついてくるようになります。

色々試してみて、出来そうなことから始めてみてください。

リセットする日をつくる

すでに体調を崩してしまっている人は、思い切って”リセット日”を作りましょう。

忙しい毎日は、予定がギッシリ入っていて、自分のことを後回しにしてしまいます。そんな毎日とは正反対の自分中心の何もしない日のことをリセット日と呼んでいます。

美味しい食事を食べる、早めに寝る、しっかり入浴する。出かけたりすることでリセットされる方もいると思いますが、何もしない”これがポイントです。

体調がよくない時は、体力も免疫も落ちています。こんな時に好きなこととはいえ、出かけることはあまりおススメできません。

出来るだけ家に引きこもることが回復の秘訣です。

そして、なるべく外部との連絡も遮断して自分ために存分に時間を使います。

体力的にはもちろん、精神的な疲れも回復できます。

習慣は良くも悪くもつながっている

プラスに考えると一つでも良い習慣が続けば好転する

”習慣”というものは、良くも悪くも繋がって連鎖していくものです。

例えば残業しすぎているという悪い習慣が一つでも続いていれば、次第に寝不足になり、疲れが取れず食欲がなくなり、体調がすぐれない日が続くという結果になっていくのです。

ということは、これを逆に考えれば、良い習慣を一つでも続けられると、生活の質が上がり、良いことがたくさん起こるような毎日が送れるようになるということです。

  1. 朝早く起きる
  2. しっかり朝ごはんを食べる時間が取れる
  3. 活力が湧いてくる
  4. 仕事の効率が上がる
  5. 定時で帰れる
  6. 仕事終わりに自分の時間が持てる
  7. 友人付き合いや家族との時間がしっかり取れる
  8. 笑顔があふれる毎日

朝早く起きるという一つの習慣を続けることで、結果的には仕事の効率が上がり、定時退社することができ、さらに相乗効果で、自分の趣味の時間や、友人や家族との時間を持てます。

結果的に、気付けば疲れが取れないな…という毎日とは無縁の、健康的、精神的に安定した毎日を送れるようになります。

悪い習慣が続くと心も身体もボロボロに【実体験】

悪い習慣は知らない間にやってくる

忙しい日が続くと、生活の質が落ち、ものすごいスピードで一日が終わっていきます。そんな生活を繰り返しているうちに、心もカラダもボロボロになってしまいます。

私もつい先日、体調もメンタルも調子の悪い日が続いていて振り返ると悪い習慣が連鎖していることに気づきました。

予定外の事が起こる⇒対応にかなりの時間を費やす⇒やるべきことが出来ていないことに気付く⇒食事と入浴の時間を短縮して作業⇒夜遅くまで作業⇒寝不足

カラダの異変に気づき、リセット日を導入して復活しましたが、悪い習慣のループにいるときは全然気付いていませんでした。体調を崩しそうな気配を感じて、ハッと我に返りました。

自分が体調を崩すパターンを把握しておく

どういう習慣が続くと、自分の体調が崩れていくのか把握しておくことはとても大切です。もちろんわかっていたらその悪い習慣をしないように生きていけます。

カラダも心も健康的に過ごすためにはそういったリスクヘッジも必要です。

また、もし体調を崩しかけたときの最適なリセット方法も色々試してみてください。

風邪のひきはじめの対策や、疲れが溜まったときの解消法など、独自の方法があればすぐにリセットできます。

人によって症状が違います。普段自分のカラダと向き合って、身体からのサインに気付いてあげましょう。

痛みやだるさはヘルプサインです。ここに気付いて対処できるかどうかで体調が大きく変わってきます。

悪い習慣を断って、健康でイキイキした毎日を送りたいですね。