LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
ダイエット

女性必見!ダイエットすべき時期

こんにちは!ゆうころです。

ダイエット中の女性のみなさん!

毎日体重計に乗って、数百グラム減った!増えた‥。と数字に振り回されていませんか?

女性特有のカラダの仕組みを知って、数字だけにとらわれずダイエットに臨みませんか?

ダイエットをすべき時期、そうじゃない時期を知って、カラダをコントロール出来るようにります。

本日は覚えておくと効率良く痩せられる豆知識をご紹介します!

  • 女性特有のカラダの周期
  • ダイエットすべき時期
  • 月経中に出来ること

この3点を掘り下げます。

女性特有のカラダの周期

1ヶ月を大きく分けると4つの周期に

卵抱期・排卵期・黄体期・月経期という4つのサイクルになっている私たち女性のカラダ。

4つに分かれている周期を理解して、その周期にあった活動をしましょう!

ダイエットすべき時期

ベストな時期月経終了〜排卵前後

月経が終わる頃になると、気持ちが安定し、カラダが軽くなります。

この時期がダイエットに1番おススメ。

いつもより運動量を増やしたり、間食を制限するなどして、しっかりダイエットに臨める時期です。

約10日ほどあります。

月経後は”エストロゲン”というホルモンの分泌量が増えます。

エストロゲンは別名”美人ホルモン”といわれていて、この美人ホルモンが増えると肌や髪に潤いが出て、女性特有の美しさが出ます。

気持ちも前向きになり、むくみもとれる時期です。

実際に私も生理が終わると、スッキリした晴れやかな気持ちになります。

この時期はダイエット集中期間として、全力で取り組みたいですね。

不向きな時期は排卵後〜次の月経まで

この時期はココロもカラダも不安定な時期です。

疲れやすく、手足の冷えや下腹痛も出てきます。

この時期に無理な食事制限や、糖質カットをしてしまうとより一層不安定になってしまいますので、無理は禁物です。

特に甘いものが欲しくなる時期がここです。

幸せホルモンと呼ばれる”セロトニン”が減少することで精神的に不安定になったり、食欲を抑える作用が弱まります。

甘いものを食べると気持ちが落ち着くのは、セロトニンを急激に増やす作用があるからです。

イライラした時に食べまくる!という人はセロトニン不足が原因かもしれません。

また、PMS(生理前症候群)の症状が出る時期なので、疲れやすく、やる気が出ない日が多いです。

そんな時に無理をして運動量を増やしたり、食事制限をしてしまうと

ホルモンバランスが乱れたり、ホルモン機能が低下し、骨量が減少してしまったり、不妊の原因になることもあります。

しんどい、つらいという気持ちのときはしっかり休むことも効率良くダイエットするためには必要なことです。

月経中にできること

痩せにくい時期だからって諦めない!

月経中は痩せにくい時期です。

理由は、妊娠に備え水分や脂肪を蓄えようとするからです。

なので、むくみやすくなりますさ、体重や体脂肪率が増えたりします。

痩せにくい時期だし、いいや!と投げやりにならず、月経中にできることをして、月経が終わったらより痩せられるようなカラダ作りをしましょう。

具体的には、

  1. カラダを温める
  2. ストレッチをする
  3. 水分は変わらずしっかり摂る
  4. 塩分の摂り過ぎには気をつける

この4点です。

簡単ですね!

出来るだけ常温や温かい飲み物を飲んで、お風呂はシャワーではなく、湯船にしっかり浸かりましょう。

ストレッチにプラスして、ふくらはぎのマッサージもむくみに効果的です。

そして、むくみやすい時期なので、水分を控えめにする人が多いですが、これは逆効果。

しっかり1日に必要な水分を摂るようにします。

逆に塩分過多は、むくみの原因になりますので、気をつけましょう!

ゆうころ体験記

実際に測った数値でわかったカラダの変化

私は毎月1週目にジムの体組成計で体重、体脂肪率、筋肉量、内臓脂肪レベルなどを計測しています。

毎月徐々に減っていく体脂肪率、徐々に増えていく筋肉量の数字を見るのがモチベーションアップに繋がっています。

先月、特にジムの回数も週3回はキープ出来て、

さらに有酸素運動のランニングも、無酸素運動の筋トレもまんべんなくトレーニング出来ました。

これは良い結果が期待出来そうだ!と楽しみに測った結果が、なんと

体重、体脂肪率が増え、内臓脂肪レベルも上がっていました。

がーーーん‥何でだよ‥

一気にモチベーションが下がり、落ち込みました。

自分の気持ちを落ち着かせたくて、色々考えた結果、

いやいや、待てよ、今がっつり生理前だ!と、気付きました。

でもそれってただ生理を言い訳にしてるだけで何の根拠が?と思って色々調べてみました。

よくよく測定結果を見てみると、水分量がかなり増加していました。

やっぱり生理前なので、水分や脂肪を蓄えようとしていたんですね。

そして顔のむくみや脚もむくみやすいなーと感じていたので納得!という感じでした。

生理後に測るとしっかり水分量や体脂肪率も元に戻っていました。

見た目もむくみが取れ、スッキリしていましたし、気分もスッキリしていました。

月経中を重く考えずにリセットウィークだと思う

生理中は大量の経血が出ます。

カラダも気分も重たいですが、1ヶ月の溜まったストレスや不要なものも一緒に出してくれているデトックスだと思うようにしています。

そうすることで、生理がくるのが楽しみですし、生理が来たらカラダをリセット出来た気分になりスッキリします。

毎月、何年も付き合っていくものですから、前向きに捉えてコントロールしていきたいですね。

うとましく思わずウェルカムな気持ちで生理を迎えて、ダイエットを効率よく行えるようにしましょう!