LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
気づき

笑顔ですべてうまくいく

こんにちは!ゆうころです。

ストレスが多い毎日ですが、うまく笑えていますか?

私が強みにしていているのが”笑顔”です。何度も助けられ、大切にしているものです。

この考えに行きついたのはマナーコンサルティングの先生から言われた言葉がきっかけでした。

新卒で入社したアパレル会社の新人研修で、接客のロールプレイングがありました。実際に店員役とお客様役になって、先生の前で発表するというものです。

そこで、コンサルの先生から言われた一言。

「あなたの笑顔はとってもいい。今後絶対強みになるから、この笑顔を忘れないで。」

こう言われ、この言葉を信じて笑顔を大切にしてきたおかげで、人生がかなり豊かになりました。

”ココロの感情×表情=人生得”でしかない

まずは、笑顔でいるとどんな効果があるのか紹介していきます。

①ストレス解消

②免疫力が上がる

③アレルギーの改善

④自律神経の安定

⑤人間関係が良くなる

大きく分けて5つの効果があります。

①笑うことでセロトニン(幸せホルモン)が分泌され、ストレスが消えていきます。

②免疫細胞の要であるNK細胞という細胞が笑うことで減少し、ガンのリスクが減っていくんです。

③アレルギーの改善に関しては、アレルギーに対抗する抗体が活性化し、症状が改善したという方が多いそうです。

④交感神経と副交感神経で出来ている自律神経は、笑うことによって副交感神経が優位になり、リラックス効果が高まり、交感神経とのバランスが良くなり、安定する効果があるそうです。

⑤笑顔でいることで周りにいる人も笑顔になれる→明るい気持ちになる→ポジティブ思考→人を惹きつける→人間関係が良好になるという流れです。

無理に笑うと逆効果?!

先ほども言いましたが、あくまでも”心の感情×表情=人生得する”です。心の感情がマイナスだったら、掛け算してもマイナスにしかなりませんよね。

無理して笑うことを続けてしまうと、逆にストレスが溜まってしまい、逆効果になってしまいます。

ココロから楽しい、面白いと感じて思いっきり笑うことがとっても大切です。

マイナスな気持ちを切り替える方法

無理に笑うことは良くないのですが、いつまでもくよくよしたり、イライラしていてもカラダやココロに良くないですよね?

そこで、気持ちを切り替えられるちょっとした方法を教えます!とっても簡単です。

鏡の前で手で口角をキュッと上げて、笑顔を作る

これだけです。

意外と自分の笑顔を鏡で見ると、気持ちが切り替えられるんです。私もイライラしたときや、悲しいときにやりますが、くすっと笑えて切り替えられます。

自分の笑顔知ってる?

自分の笑っている顔って知っていますか?これも鏡で練習できます。

自分の気持ちとは裏腹に、思った以上に表情に出ていない人が多いんです。

原因は口角です!口角が下がっていると怒ったような顔に見えますし、何といっても老けて見えます。

ふとした時に映る自分の笑顔をぜひチェックしてみてください!電車の窓に映った顔とか、ショーウィンドウに映った顔。友達に不意に撮られた写真でもチェックできます。

相手に素敵な笑顔だなと思わせるようなニコッとした笑顔が作れるように練習しましょう。