LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
食べもの

抹茶は日本のスーパーフード【栄養満点とその効果】

こんにちは!ゆうころです。

抹茶のスィーツやドリンクが今とっても人気ですよね。

特に女性から大人気だと思います。私も子供の頃は苦手でしたが、今は大好きです。

実は抹茶は、日本のスーパフードと言われているくらい、カラダに良いんです!

抹茶味のスィーツは食べたことがあるけど、飲んだことはないという方も多いかもしれません。

抹茶の効果を知って、今日から抹茶を日常に取り入れてみませんか?

  • 抹茶の効果
  • 抹茶の飲み方
  • 抹茶のある生活

抹茶の効果

抹茶はこんなにカラダに良い!

  • 美肌効果
  • リラックス効果
  • 免疫力アップ
  • 集中力アップ
  • アンチエイジング
  • 認知症予防
  • 口臭予防
  • 便秘解消
  • 体脂肪対策

こんなに効果があります。



抹茶の何がそんなにカラダにいいの?

カテキン…カテキンはポリフェノールの1種です。抗酸化作用や血糖値の上昇を抑える作用があります。カテキンは果物(リンゴ・柿)にも含まれていますが、抹茶や緑茶の方が含有量が多いです。しかも、抹茶は茶葉をそのまま飲むので緑茶の2倍の量のカテキンが摂取出来ます。

テアニン…アミノ酸の一種です。脳の興奮を抑える効果があり、副交感神経を優位にしてくれます。なのでリラックス効果があります。自律神経が整うと血行が良くなり、冷えの改善や、ぐっすり眠れるようになります。このテアニンも緑茶に含まれていますが、なんと、抹茶は緑茶の10倍もテアニンが含まれています。

ビタミンC … ビタミンCはメラニン色素を抑える効果があるので、シミ予防が出来ます。その他にも、コラーゲンを作る手助けをしたり、抗酸化作用でアンチエイジング効果があります。そして、ビタミンCはカテキンと一緒に摂ると相乗効果があります。美肌になるためには、抹茶は必須ですね。

カフェイン…カフェインは大脳の働きを活性化する効果があります。なので、集中力が高まり、認知症予防になります。カフェインの摂り過ぎは興奮状態が続いて眠れなくなるという人もいますので、時間帯は気にした方がいいです。60mlのお湯に抹茶小さじ1杯(2g)=コーヒー150ml、(コーヒー自体は10g)と同じ量のカフェインが入っています。

ミネラル…抹茶には、カルシウム・食物繊維が豊富に含まれています。しかもよりカラダに良いとされている不溶性の食物繊維を多く含みます。腸の働きが良くなるため、便秘解消に繋がります。

サポニン…サ、サポニン?という人も多いかもしれません。サポニンとは抗菌、抗ウイルス作用がある栄養素です。納豆にも含まれている成分で、石鹸や消毒に使用されています。サポニンは血糖値を下げる効果があり、糖尿病予防やアレルギー対策にも効果的です。



抹茶の飲み方

オススメは小分けに飲む

一日を通して小分けに飲むのが一番効果的です。食事中や、間食の代わりなど。でもなかなか抹茶を用意して作るのが大変です。そんな人は朝ご飯の時に飲むと◎。私も朝ごはんの時に抹茶を点てて飲んでいます。

大体1杯につき1.2g(ティースプーン軽く1杯)に対して、お湯は60㏄です。

抹茶を点ててみたい!という方は、こちらのサイトで準備するものなど詳しく書かれています☞宇治小山園【抹茶の点て方】

また、そんな面倒なことはしたくない!という方には、こちら☟

振って抹茶を作る持ち運びが便利なペットボトルタイプ。他にも個別包装された抹茶のパウダーなども販売されています。

また、抹茶をアイスにかけたり、牛乳と混ぜて抹茶ラテを作ってもおいしいですし、簡単です。

私が使っている抹茶は京都宇治の柳桜園の抹茶です。

抹茶には少量でもカフェインが多く含まれています。飲み過ぎには注意してください。

抹茶のある生活

抹茶を飲みたいな…と何となく思っていた時、義母からたまたま使っていないお茶のセットをもらいました。そして叔母のおススメの抹茶を教えてもらい、抹茶のある生活がスタートしました。

抹茶を点てているときのあの香りや、少量をゆっくり飲むあの上品さ。

普段飲み物を飲むときとは全く違う感覚です。

お抹茶を点てるのは少々手間がかかりますし、面倒だと感じられるかもしれませんが、このひと手間が品を生み、ココロが洗われるような感覚になります。

実際に飲み始めて、色んな効果を実感できています。また、アイスや、ラテなどバリエーションも豊富なので飽きずに抹茶生活を楽しめています。

こんなに栄養があっておいしいスーパーフードはあまりありません。海外の方からも、以前にも増して注目されています。自宅で取り入れるのが難しい方は、ぜひ抹茶のドリンクやスイーツを食べるときにちょっとこの効果を思い出していただけると嬉しいです。