LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
心のケア

3日坊主の私がジムを続けられた方法

こんにちは!ゆうころです。

4月1日からジムに通い始めて、まもなくまる4ヶ月が経とうとしてます。

なかなか続かなかった私が4ヶ月通って変わってきたこと&続けるためのコツをお伝えします!

運動が嫌いだから何やっても続かない

太っているわけではないけど、痩せてるわけでもなく、普通の体型だけど、自分的には納得してなくて、もちろん自信もない。理想はあるけど、ちょっと諦めの気持ちもありながら、頑張りたい気持ちもある。

運動がカラダに良いことも、健康のためにも運動が必要なのもわかってます。

でも嫌いで続きませんでした。

・毎日これだけ!トレーニング

・夜ランニング!

・テレビ観ながら!トレーニング

・youtubeで簡単トレーニング!

などなど、色々試してきましたが、どれも持って2週間…。

もちろん2週間でカラダに変化はほとんどあるわけがないので、モチベーションも上がらず、”やったけど変わらない!”とプンプンして終了。でした。

体力のなさを痛感

30歳を過ぎ、日々の生活で体力が落ちてきたことに気が付きました。

・階段を登るとかなり息切れする

・握力がかなりない

・段差がほぼないところでつまづく

・ちょっと走っただけでヘロヘロ

・疲れやすくなった

結構当てはまりませんか?

特に階段は話しながら登ったらもう登り終えた時には息が上がりすぎて大変でした。

カラダのなんとなく不調も、改善するなら運動しましょう!と書かれていますし、生理痛やPMSの改善も運動が必要!と書かれていました。



とにかく体重の数字だけにこだわってた

20代前半の体重から、20代後半になって体重は約3キロ増えました。この3キロを落として、20代前半の細かった自分に戻りたい!

この気持ちが強くあり、とにかく体重を落としたかったんです。

なので、運動を始めてもちっとも体重が減らないのでモチベーションが下がり、すぐやめてしまうというループを繰り返してました。

運動よりも体重を落とすなら食事制限だ!と糖質制限したり、プチ断食をしたり、色々試しましたが、これもその時は体重が落ちても、気持ちが保たずに食べてしまってすぐに元通りという感じでした。

そこからいろいろ調べて、体重を落とすだけだと、筋肉が先に落ちてしまうこと、骨がスカスカになってしまうことなどが書いてあり、体重じゃなくてカラダの中身が大切なんだと気づきました。

時間をかけて太ったのにすぐに痩せられると思うなよ

この言葉をネットで見つけて、ハッとしました。

20代前半の体型から、約5年くらいかけてこの今の体型になったのに、1ヶ月くらいで痩せられると思ってしまっていた!と。

今気付けたんだから変われる!という気持ちが背中を押して、とりあえず自力で頑張るのが難しいなら、ジムに通ってみようということでジムを選びました。

そこで毎月の使用料を1年契約にして、一括で払いました!払ってしまったんだから最低でも1年は通わないといけないという状況を作りました。

体組成計で測定した数値に落ち込む

始めに体組成計というもので、自分の筋肉量、体脂肪率、内蔵脂肪率などを測ってもらいました。

そこで出た数値の統計が、”運動不足型”でした。

運動していないといっても、まだ30前半だし、体力はそんなに落ちてないでしょ!と謎の思い込みがあったのですが、しっかり跳ね返されました。

いつもならここでやる気がなくなってしまうのですが、もうお金払ってるのでやめられません。

とにかく気を持ち直し、ここから変わっていくことを楽しもう!と思うようにしました。

数値で変化が見れてモチベーションをキープ

2ヶ月目に入り、再び体組成計で測ったところ、脂肪量が減り、筋肉量が増えていました。

すごい!1ヶ月で私のカラダに変化が!

とすごく嬉しかったです。さらにやる気が出て、機械の重りを増やしたり、回数を増やして頑張りました。

ただ、どこかにジムに行くのやだなーと思っている自分もいて、常に気持ちは闘っていました。でも、結局行ってしまえばスッキリするので、無理矢理行くようにしていました。

3ヶ月目になると、ジムに行くことに慣れてきたのですが、行く回数が少し減ってしまいました。

慣れが良くない方向にいってしまい、優先順位を下げてしまっていたんです。

案の定、体組成計で測るとら変化が横ばいか、少し脂肪量が増えているという結果に。

ここでさっきの言葉、すぐに痩せられると思うなよが頭をよぎりました。

ここでダラダラしてしまったら今まで続けてきたことが無駄になる!今思うような結果が出てないなら内容を見直して頑張らないと!と思い直しました。

今までの振り返りをしてみる

基本的に自分のカラダに自信がないので、すぐに諦めてしまうので、自分の今までの頑張りを振り返って、誉めました。

・何をやってもなかなか続かなかったのに、もう3ヶ月目!すごい!

・少しずつだけど、カラダに変化出てるよ!腕にカットが出てきてる!

・ランニングなんて20分も保たなかったのに、今は40分は走れてる!

こんな感じです。

そして、自分がどうなりたいかをもう一回確認。

私の目標は中村アンさんのような、健康的でしなやかなカラダ。

だったらここで諦められない!と気持ちを立て直せました。

4ヶ月目で感じるカラダの変化

始めてまだ4ヶ月ですが、確実にカラダに変化が出てきました。

体組成計での数値は、

・内臓脂肪レベルが4→3

・両腕、両脚の筋肉量が増加、体脂肪量が減少

・基礎代謝量も1000kcal→1300kcal

感覚的には、

・二の腕がしまってきて、ノースリーブが恥ずかしくなくった

・握力が増えた

・姪っ子を抱っこしても余裕

・階段へっちゃら

・重いものもかつげるようになった

・たくさん汗をかけるようになった

・生理痛、PMSがマシになった

・ヒールの靴を履いても疲れにくくなった

・リフレッシュ出来るようになった

挙げだしたらキリがないのですが、たった4ヶ月でこんなに良い事が。

特にリフレッシュ方法を見つけられたので、モヤモヤした時は無心でトレーニングすると、頭がスッキリして、モヤモヤが汗と一緒に流れてしまったようにリフレッシュできます。

こうやって振り返ると、今までの頑張りがわかるので、モチベーション維持になります。

家族の協力があると最強

もし、家族で一緒に通える人がいるとかなり心強いです。

私は夫と一緒に通っているので、どちらかの気分が乗らなくても一緒に行ける日は必ず行くようにしています。

夫は元々トレーニングが大好きなので、今までも私の体型やトレーニング方法によくダメ出しをされていました。

今まではここで気持ちが折れていたんですね。

キレイになりたいと言いながら中途半端にトレーニングをしていたので、ダメ出しされて当然だったのですが、やっぱり否定的な言葉を言われるとやる気はなくなりますよね。

なので私は夫に、否定的なことを言われると頑張れなくなるから言わないでね。とお願いしました。

それからは、「腕のカットでてきたね!」とか、「お尻が引き締まった気がする!」と誉めてもらえるように。そうすると、嬉しくなってもっと頑張ろうという気持ちが出てきました。

褒められるとよりやる気が出るので、これから始めようかなと思っている方は、周りの人に否定はせずに誉めてね!とお願いしておいてもいいかもしれません。

逆にダメ出しで頑張れる人は、まだまだダメな部分を言ってもらえると良いかもしれないですね!

軌道に乗るまでは、周りの人に手伝ってもらうのが近道だと思います。自分のためになるなら、変な意地などは捨てて、手伝ってもらいましょう。