LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
体質改善

幸せホルモン”セロトニン”を増やす方法

こんにちは!ゆうころです。

ここ最近、記事でセロトニンの話をしてきました。

甘いものがやめられない!それ、砂糖中毒かも?

睡眠の質を上げよう

セロトニンは、別名”幸せホルモン”と呼ばれていて、食べ物などから取り入れることが出来ます。

幸せホルモンを増やして、笑顔で過ごせる時間を増やしましょう。

  • セロトニンとは?
  • セロトニンの増やし方
  • セロトニンが増えたら良いことも増える

この3点を深堀します。

セロトニンとは?

セロトニンとは、脳内で働く神経伝達物質の一つで、感情や気分のコントロール・精神の安定に深く関わっています。

セロトニン不足はどうなる?

セロトニンが不足すると、脳の機能が低下したり、心のバランスを保つことが難しくなります。

不足しすぎるとストレス障害や、うつ、睡眠障害などの原因になるといわれています。

また、精神面だけでなく消化や体温調節など、カラダの色んな働きを助けています。

こんな不調はセロトニン不足かも?

  • 考えがまとまらない
  • 疲れやすい
  • 落ち込む
  • イライラする
  • 甘いものが無性に食べたくなる
  • 体重が増える
  • 朝起きられない

一つでも当てはまる人はセロトニン不足かもしれません。



セロトニンの増やし方

1.太陽の光を浴びる

セロトニンの合成に太陽光は必要不可欠です。

1日20~30分は程度太陽の光を浴びると良いとされています。

特に朝起きたてでの日光浴は体内リズムを整えるのに最適です。

夜更かしが続いている人は朝日光浴をして体内リズムを整えると、夜ちゃんと眠たくなりますよ。

また、寝室を遮光カーテンで真っ暗にしている人は、起きたらカーテンを開けて光を入れましょう。

2.食材から取り込もう

セロトニンの合成には”トリプトファン”という必須アミノ酸が必要です。

トリプトファンは食材からしか摂取できません。

上手に食材からトリプトファンを摂取して、効率よくセロトニンの合成に繋げたいですよね。

トリプトファンを含む食材は、魚・大豆製品・卵・ナッツ・バナナです。

そして炭水化物がトリプトファンが脳内に取り込まれるのを助けます。

穀類・イモ類・果物類・砂糖に含まれています。

3.体を動かす

リズム運動が効果的です。

ウォーキング・スクワットなど、一定のリズムで同じ動作を繰り返す運動でセロトニンが増えます。

また、よく噛むこともリズム運動の一つとしてとても効果的です。

よく噛むことは消化の良さにもつながりますので、意識していきたいです。

セロトニンが増えたら良いことも増える

朝スッキリ起きれて夜ぐっすり眠れる

夜更かしして逆転してしまっている人、朝なかなか起きられない人。

これ、セロトニン不足がゲインかもしれません。

”朝起きたら太陽の光を浴びる”

これが一番簡単に出来ることですね。

朝日の眩しさで起きて、日光浴すると、驚くほど夜ちゃんと眠たくなります。

夫もかなり寝起きが悪かったのですが、これを実践したところ、今ではいつも同じ時間にスッキリ起きています。

こんなおもしろい商品もあるので紹介だけしておきます^^

設定した時間で自動的にカーテンを開けてくれます。

音の大きい目覚ましよりも確実に効果があると思います。

無性に甘いものが食べたくなる!が減る

イライラすることや、情緒不安定になることが減りますので、無性に食べたくなる甘いものを欲する機会がかなり減ります。

私も疲れたら気づけばプリンやらケーキやらを買ってしまっていましたが、

太陽光をしっかり浴びるようになってから欲する回数が減りました。

他にも食べ物から摂取する方法もたまたまですが、毎朝バナナとヨーグルトを食べている効果かもしれません。

カラダに良いことを一つすると数珠つなぎに良いことが増える…こんな効率の良いことありませんよね!

ぜひまずは太陽の光を浴びることから始めてみてください。