LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
習慣化のコツ

【体調を崩す前に直す習慣】で体調管理

こんにちは!ゆうころです。

体調管理も仕事のうち。とよく言いますが、どんな体調管理をしていますか?

手洗い、うがい、マスクをする、インフルエンザの注射などがあげられます。

私が今回お伝えしたい体調管理の方法は、仕事を休まないため、というよりは健康で元気な毎日を過ごすための方法です。

身体が資本と言うくらい、健康であれば何でも出来ますが、逆に体調が悪い時期が続くと心もどんどん崩れていってしまいます。

日頃から体調を崩す前に直すことを習慣化出来れば、病院にほとんど行かなくてもいいカラダが作れます。

今回は健康的なカラダを作るための日頃から積み重ねたい習慣についてお話しします。

目次
  • 体調管理の基本はメンテナンス
  • ヘルプサインに気付いて崩す前に直す
  • メンテナンス→強化で病院いらず

体調管理の基本はメンテナンス

体調管理はどうして大切なの?

毎日コツコツ体調管理をして、 健康なカラダで毎日を過ごすと、こんなメリットがあります。

  • しんどさ(痛みやだるさ)と無縁の快適な日々
  • 病院で過ごす時間(待ち時間)を削減
  • 医療費を削減
  • 有給を病欠じゃないことに使える
  • 寝込む時間がなくなるので時間を有効に使える
  • 精神的に安定する
  • 活動的になる
  • 幸せ

こんなにたくさんのメリットを私は感じています。病院には1年に1回行くか行かないか程度しか行きません。

病院に行くだけでも気分が落ち込みますし、何よりしんどいと休むことに時間を使ってしまいます。痛みやだるさなどは心も蝕んでいきます。

毎日コツコツ体調管理をすることで最終的には人生が豊かになります。

睡眠は万能薬

毎日何時間睡眠ですか?大体7~8時間睡眠が理想とされています。

寝ている間にもカラダは休まず動き続け、私たちのカラダの色んなところを修復してくれています。そしてることで脳を休め、内臓を休めています。

睡眠はカラダだけではなく、精神的な休息にもなります。ぐっすり眠れるように毎日を過ごすこともとても大切です。

人生(80歳くらいと仮定)の中で睡眠時間の合計は、28年と言われています。起きている時間を有効に使うことも大切ですが、睡眠の質をどれくらい上げられるかに取り組むことも立派な体調管理の一つです。

車で例えて考えてみると、ずっと走りっぱなしだとガソリンがなくなり、エンジンも壊れてしまいますよね。オイルもなくなり、オーバーヒートしてしまいます。

人間もこれと同じです。ずっと睡眠不足を続けていると気付いた時には身体がボロボロ…なんてことになってしまいます。

翌日をスッキリ迎えるためにもしっかり寝て、疲れはその日のうちに取っておきましょう。

食事は栄養剤

睡眠と同じくらい大切なのが食事です。車で例えるところのガソリンですね。

栄養があまりない食事や、偏った食事を続けていると、パワーが出なかったり、免疫が落ちてしまったりと色々な不具合が出てきます。

適度な量を食べることも大切です。忙しくてキチンと食事の時間が取れない人や、ダイエットで食事制限をしている人は要注意です。

徐々に免疫力が落ち、体調を崩しやすい身体になってしまいます。疲れを修復できるほど栄養が残っていないのが原因です。

栄養となるお肉、お魚、大豆製品などはしっかり食べるように心がけましょう。

ヘルプサインに気付いて崩す前に直す

ストレスや疲れが溜まったら出るサインを知る

疲れが溜まって回復しきれない日が続くと、カラダに異変が出てきます。

そんな身体からのヘルプサインに気付けていますか?

その人の身体の弱っている部分や、元々弱い部分に症状が現れます。

私の場合は、甲状腺の腫れ、リンパ腺の腫れ、のどの痛みこれがサインです。以前は扁桃腺炎になったり(手術で除去済)、親知らずが腫れて口が開かなくなったことも(抜歯済)あります。

こうした自分のヘルプサインを知っておくだけで、そろそろ休まないと体調が崩れてきそうだなと気付けるようになります。

ヘルプサインを無視し続けると体調が崩れるのがクセになったしまったり、なかなか治らず長引くなど、日々の生活に支障をきたすようになります。

しっかり自分のカラダから出ているヘルプサインを見逃さずに対応してあげましょう。

メディカルチームを作っておく

自分のカラダのどこに痛みや異変が出るのかを知ることが出来たら、そのサインに対応できるメディカルチームを作っておくとスムーズに対応できます。

私の場合は、まず何もせずに寝ること、ハチミツ、マスクこれがメディカルチームです。何をすれば回復できるのか試してみてください。この時点で回復できればわざわざ病院に行くこともありません。

何より一番大切なのはそこまでしんどくない状態で留めることができるということです。

自分のカラダと向き合って、労わることを大切にしましょう。

メンテナンス→強化で病院いらず

運動で免疫力アップ

毎日の睡眠や食事に気を付けることが習慣づいてきたら、次は強化していきます。

そもそもの体力がなかったり、体調が優れない状態で無理に運動しても逆効果です。健康な毎日を過ごせるようになってから、運動でカラダを強化していきましょう。

ウォーキング程度の軽い運動でも全く何もしないよりは身体のためになっています。もっと出来るという方には、筋トレがおススメです。

筋肉量が上がると代謝が上がり、カラダの巡りが良くなります。毎日でなくても週に2日程度でもとても効果があります。

私も筋トレを始めてカラダの巡りが良くなったと実感しています。汗をかく量も増え、活動的になれました。

コツコツ積み上げてつくる強いカラダ

体調管理とは、予防するだけのものではありません。もちろん風邪が流行する時期にマスクや予防接種をすることは大切ですが、もともとのカラダの免疫力が低ければどれだけ予防しても体調を崩してしまいます。

そして何より体調を崩したらしんどいですよね。熱が出たり、痛みがあったりこうした苦痛を味わわないためにも日々体調管理の習慣を身に付けましょう。