LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
シゴトのこと

失業保険と相談員さんのススメ

こんにちは!ゆうころです。

私のプロフィールを見て頂くとわかるんですが、心身ともに崩壊したあと、半年ほどニートをしていました。

失業保険をもらいながら生活

失業保険をもらうにはトータルで半年かかります(自己都合退職の場合)。そして、求職活動の意思があることが大前提。妊娠出産のためや、ケガや病気療養のためにすぐに働けないという人は受給資格がなくなる場合があるので、要注意です。

そして最初の3ヶ月はもらえないので、ここをどう食い繋ぐかがポイント。3ヶ月暮らせる程度の貯金がないと厳しいです。

最初は休むことを重視

5年間一度も休まず、突っ走ってきたので、休むことに最初はなぜか罪悪感がありましたが、2週間ほど休んだら、疲れや寝不足といったカラダ面の疲れは取れてきました。

ただ、ずっと目を伏せてきた不調が徐々に出始めました。特にひどかった扁桃炎は慢性化していたので、今休んでる内に治せるところは治そうと先生に言われ、初めて入院&手術でした。

後は足の痛み。ずっとヒールで立ち仕事だったので足がボロボロでした。巻き爪も悪化していたので専門医院に治療しました。

いかに自分のカラダと向き合わずに生活してきたのかを実感しました。

ハローワークで就職活動

失業保険の給付条件に、すぐに働く意思があること。とあります。失業保険を貰い切るつもりでいたので、最初からガンガン面接に行くのではなく、相談員さんに面談してもらいながら仕事を探すことにしました。

最初はとりあえず相談さえしていたら就職活動とみなされるので、ギリギリまでは適当に相談しておこう。と思っていました。

が、担当してくれた相談員さんがとっても素敵な方で、親身になって話を進めてくれたので、自然とやる気が出てきました。

やったことがなかった自己分析からスタート

「まずは、自己分析をして何をやりたいか導き出しましょう!」と言われました。

新卒の就活で自己分析をしていなかったので、正直、「え…面倒くさいな」と思いましたが、時間もたっぷりあるので真剣に分析してみました。

内容は簡単なもので、中学高校時代の部活や、学校生活で頑張ったことを書き出したり、5年間働いた仕事内容などの振り返りです。

自分の今までやってきたことを振り返ると、意外と考えがぶれていないことに気づいたり、こんなに頑張ってきたんだと思えたり、自分のことを知れて「私ってこうゆう人間なんだ!」と確立出来ました。

用紙を持って行って、さらに担当さんのヒアリング。そこでさらにハローワークの方という第三者目線でお話ししてくれました。

会社を辞めた際にギブアップしてしまった…自分はダメダメだ…と思っていたので、「お仕事すごく頑張られたんですね」「ゆうころさん、すっごく素敵ですよ。」と言われて、自信がなくなって落ち込んでいた気持ちが少しずつ復活していきました。

譲れない条件を持つことが大事

転職するにあたって、今は働き手が就職先を選べる時代です。だからある程度の精査は必要です。私がまずはずせない!と思ったのが、

・休みが年間120日以上

・ネイルOK

この2点でした。それから後は、気持ちの条件です。

・記憶に残るような接客が出来る仕事

これがポイントでした。

もちろんこの条件を相談員さんに否定されることはなく、むしろ「条件を作って絞っていった方が良いですよ」と言われました。

そこで相談員さんから、”ウェディングドレスコンシェルジュ”はどうかと勧められました。

このあたりでもう5ヶ月ほど過ぎていましたが、たくさん自分のことを話し、聞いてもらえて、自分を肯定してもらえて、病んでいたココロが徐々に治っていったんだと思います。

責任もなく何の義務もない生活

毎日朝起きると不安やプレッシャーに押しつぶされそうになっていた気持ちもだんだんなくなり、気持ちも穏やかになっていきました。毎日が休みなので友人の都合に合わせていろんな人に会えたし、なかなか忙しくて出来なかったこともやりました。

ココロが健康になってきて、好きなことも出来て、気持ちに余裕が持ててくると、自然と、”早く仕事がしたいな”と思うようになっていました。

退職してから5か月~6か月目になり候補に上げた会社のリサーチをしっかりしたり、業種を絞りすぎず、幅を広げていろんな会社に面接に行きました。

いくつか面接をして、採用をもらった中で再度考えて決めることが出来ました。

保証されている制度をしっかり使って次に進む

今振り返ると、職業訓練校に行っても良かったなという気持ちもあります。 あと、自分の住んでいる地域のハローワークを事前に調べておくといいかもしれません。

相談員の方は毎日たくさんの方の相談に乗っているので、客観視してもらえると思います。仕事を決める判断材料の一つに出来ると思います。

自分が頑張って働いて保証されている制度ですから、そこも視野に入れて賢く休めると良いですよね。