LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
シゴトのこと

転職したいと思ったら考えること

こんにちは!ゆうころです。

転職を考えたことがある方はいるのではないでしょうか?

今の会社、辞めたいな…とぼんやり考えているだけで行動できない人も多いはずです。

衝動的に行動しないためにじっくり転職を考えていきましょう。

転職するかどうかのポイントをいくつかご紹介します。

  • 辞めるべきかどうかの判断
  • 転職を決断する
  • 転職を決めてから考えること

この3点を掘り下げます。

転職の本気度を考える

何がストレスなのか整理してみる

今の会社のストレス…まずはどんなことがストレスになっているか書き出してみましょう。

  • 上司からのプレッシャー
  • 残業が多い
  • 仕事量が多すぎる
  • 合わない同僚がいる
  • 給料が少ない
  • 部下に振り回されている
  • 休みが少ない
  • 有給休暇を取ったことがない

他にもたくさんあると思いますが、色々挙げられますよね。

その中で、①この会社にいる限り変わらないこと、②相談してみる余地あり、③何とか自分で変えられそうこの3つに振り分けてみてください。

例えば、休みや給料が少ないというのはなかなか会社のシステムですから変えるのが難しいので①に振り分けます。

人間関係に関しては、異動願いを出したり、逆に合わない相手が異動になったりと、変わる可能性は残っているので②。

残業が多い、仕事量が多いに関しては、自分で定時で切り上げるように取り組むことも出来ますので③になりますね。

※残業に関してはこちらの記事☞残業”当たり前脳”を変える方法 を読んでみてください。

こんな感じで振り分けてみましょう。

やりがいや楽しいことを振り返る

では、先ほどとは逆に今の仕事のやりがいや楽しいことを挙げてみてください。

  • 社食がおいしい
  • 気の合う同期がいる
  • 上司が話しやすい人だ
  • 休みがとりやすい
  • 成果がお給料に反映されやすい
  • 会社の風通しが良い

みなさんはいくつ挙げられましたか?

ではこの中で、今の会社じゃないとダメなこと、今の会社じゃなくてもいいことに振り分けてください。

今の会社じゃないとダメな事ってどれくらいありますか?

転職という言葉に怖気ずく

先ほどの振り分けで、今の会社じゃないとダメな理由がほとんどなかった人は、転職していいと思います。

ただ、軽い気持ちで転職サイトにアクセスすると、ずらーっと並んだ求人が出てきて、一生懸命やってきた過去の就職活動の大変さが脳裏をよぎってしまいますよね。

求人をずーっと眺めて、応募して、履歴書を書いて、写真撮影して、面接して・・・

こんな面倒なことをやるくらいならこのまま慣れた仕事で慣れた人たちの中で過ごそうという気持ちが大きくなりますよね。

そして結局転職を思いとどまってしまいます。

私も経験したことがあるのですごくわかります。

今までやってきたことがなくなるのがもったいないと感じてしまうんですよね。



転職を決断する

狭い世界から視野を広げてみる

今までやってきたことがもったいない。

そう思う人が多いと思います。

実際に私も新卒で入った会社を辞めるまでに3回ほど思いとどまったことがあります。

どれも行きつく先は、”せっかく新卒で入って、ここまで働いてきたのにもったいない”でした。

でも、よく考えたら何がもったいないのか?

もったいないのは会社側の気持ちであって、自分にとってはどんなメリットがあるんでしょうか。

会社は研修などにお金をかけていますから、元を取るまで働いてほしいですよね。

仕事ができる人材なら尚のこと長く働いてほしいと思います。

ただ、働く側にとって長く働くことにメリットがほとんどありません。なぜなら同じ会社にいる事で視野が広がらないからです。

実際に求人を見てみると、似たような職種で数年頑張って積み上げた給料が初任給でもらえたり、休みの日数が驚くほど違ったり。

結局自分が今いる会社しか知らなかっただけなんです。視野の狭さが行動範囲を狭めてしまっているんです。

今まで話してきた上で転職した方が良いと頭でわかっているなら、あとはもう行動するのみです。

転職したいという気持ちを抑えて同じ会社に居続けるメリットはほとんどありません。

思い切って徐々に活動を始めてみませんか?

いきなり辞めてしまっては生活していけませんので、働きながらじっくり自分に合った会社を見つけましょう。

転職を決めてから考えること

譲れない条件を考える

まずは、転職する理由を考えてみます。

新しいジャンルの仕事に挑戦したい。今までの会社よりもレベルが高い所で戦いたい。

もっとゆったり仕事をしたい。いろんな理由があると思います。

もっと細かく見ていくと、給料は○○万円以上。休日は年間○○○日。土日祝休み。勤務時間。福利厚生。

細かく自分の求めている理想の条件を考えてみます。

そしてそこからさらに譲れない、絶対条件を選んでください。

それが転職活動をするときの条件になります。

今は買い手市場と言われていますから、ある程度条件を付けても転職できる率が高いです。

いくつか条件をつくって探す事でかなり会社も絞れますので、オススメです。

  • ジャンル
  • 給料
  • 勤務場所
  • 勤務時間
  • 休日日数

まずは自分の希望を考えて一度検索してみましょう。

そこから会社を絞って細かく見ていきます。

仕事以外で考えることがあるとストレスを逃がせる

よし!転職するぞ!と決めて、コツコツ動く。

大まかな目標としていつまでに転職したいとか、退職したいという期間を決めると動きやすいです。

仕事がストレスだらけだったら、早く帰って求人を探したりすることで未来に希望が持てます。

早く帰りたいという気持ちにもなりますし、上司に嫌味を言われても、心の中ではもうすぐ辞めるから言わせておこう。と流せるようになります。

転職活動をすることで、今いる会社のストレスを逃がすことも出来るんです。

転職を決断して行動に移し始めることでココロが一つ成長した証だと思います。

まとめ

転職を考えている人は転職するかしないかの境目をウロウロしてしまっていると思います。

決断するまでに一度冷静に転職する必要があるか、同じ会社に居続ける意味はあるのか。自問自答してみてください。

転職が必ずしも1回で成功するわけではないですし、終わりではありません。

ただ、新しい世界に飛び込むことで確実に成長できると思います。