LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
気づき

新しいことを始める時のドキドキ対処法

こんにちは!ゆうころです。

新しいことや、やってみたい事があるけど、思うだけ、考えるだけでなかなか始められない…という方は多いのではないでしょうか?

私も同じで、色々やってみたい事は頭に浮かぶのですが、いざ行動するとなるとドキドキして怖くなってとりあえず保留…そしてやりたいと思っていたことすら忘れて時が過ぎていく…という日常でした。

先日こんなツイートをしました☟☟

今日はこのツイートを掘り下げていきます。

ドキドキや不安はどこから来る?

例えば、新しいジャンルの仕事に挑戦したいと思ったとします。

この仕事を思いついたときはとっても前向きで、勢いがあるのに、そのあとすぐに不安がやってきますよね。

「でも私なんかに出来るのかな…」

これに対してはやってみないとわからないでしょ!と勢いで乗り切れるのですが、

次にやってくるのがドキドキです。

求人を探して、応募する手前でドキドキが襲ってきます。

ここで一旦やめちゃうんですよね。私も何回も経験しました。

さっき押しのけた不安も戻ってきて、急に自信をなくして、「無理無理、出来るわけない!」と思って終了。

子供の頃って後先考えずにやってみたいと思ったらやっていたと思うのですが、大人になるといろんな知識がついてしまってなかなか踏み出せなくなります。

冷静に考えると、やったことないことは出来るかどうかなんてわからないですよね?

挑戦する前から止めているのは自分を守りたい自分なんです。

今まで生きてきた過去の自分が、大変なことを避けて生きていこうと指示してくるんです。

でもそれで未来の自分が笑顔になれるんでしょうか?

”あのとき挑戦してたら今頃どうなっていたんだろう…”

”あのとき挑戦したけど、失敗したなぁ…”

後悔にも種類がありますが、私が思うに、後者は後悔ではないと思います。挑戦したからこそ見える景色があるからです。

今までの人生を振り返ったときに、やっておけば良かったなと思うことはいくつありますか?

とにかく勢いでやってみるしかない

新しいことを始める方法としては、1つしかないと思っています。

それは、”勢い”です。

(出来るかわからないけど)「やってみます!」

これにつきます。

出来るかわからないけど、やらないといけない状況を作ると、がむしゃらに何とか成功させようとします。

多少ゴールよりも出来が悪くても、結果が失敗だったとしても、やらずに佇んでいる場所よりははるか先に進めていると思います。

求人の応募ボタンを勢いで押す、上司に勢いで「やります」と返事をする。

悩んでる間に一瞬でも”出来るかも”と思えた瞬間に行動するしか方法がないと思います。

周りには事後報告がおススメ

友人や家族に相談するときに、いつも背中を押してくれるような人がいたら相談するべきだと思うのですが、「やめたほうがいい」とか、「無理でしょ」とか言ってくるような人には相談しないことをおススメします。

相談できる人がいないなら相談しなくていいと思います。

やってしまった後に事後報告。これが一番おススメです。

周りのマイナスな見解は無視して、自分の勢いだけを頼りに一度挑戦してみましょう。

挑戦したからこそ見えてくる道があります。

マリオのゲームで、土管があったらとりあえず入ってみようと思いませんか?どんなステージになっているかわからなくても入りますよね。

あれと同じで、中に何があるかわからないけど、やらずにスルーするくらいなら一度挑戦する方がいいと思います。

私も新しく挑戦したことで前向きになってきましたし、色んなことが怖くなくなってきました。

恥ずかしい気持ちもどんどんなくなってきました。

”やってみて失敗したことは失敗じゃない、やらないことが最大の失敗なんだ”という言葉を胸に置いて行動しています。