LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
ゆうころ体験記

物欲が止まらない!【1ヶ月服買わないチャレンジ】で物欲デトックス

こんにちは!ゆうころです。

ファッション関係の仕事に約10年就いており、お洋服やら靴やら、ジュエリーなどたくさんの物に囲まれた毎日を送っていました。

お客さんに“買うこと”を勧める仕事なので、自然と自分の購買意欲も高まります。

そして仕事で身に着けるものは自分で購入していたので(もちろん社販はありますが)日常的にお金を使っていました。

販売職から退いた後も、その癖が抜けず1ヶ月に最低でも1~2着は毎月お洋服を買っていました。

クローゼットはお洋服やバッグでいっぱい!靴箱もパンパン。着ていないお洋服もたくさんありました。

常々自分の物欲を何とか抑えたいと思い、色々試していましたがどれも逆効果で、ダイエットのリバウンドのような感じで我慢が爆発してさらに買い込んでしまう始末…。

今回雑誌の企画で取り上げられた ”1ヶ月服買わないチャレンジ” がインスタで話題になっていたので、私も挑戦してみました。

すると、物欲のデトックスに大成功しました!

今日はそんな私の物欲がなくなっていった変化をご紹介します。



  • 切っても切れなかったお洋服への気持ち
  • ”1ヶ月服買わないチャレンジ” やり方と経過報告
  • ガラリと変わったお洋服への価値観

この3つの流れでご紹介していきます。

切っても切れなかったお洋服への気持ち

お洋服と私

22歳からアパレル業界で働き、毎日新作のお洋服に触れ、それを着用する生活を送っていた私は、セール品には目もくれず、新作こそが全て!と、いつも最新のお洋服を購入していました。

アパレル業界を離れて、やや落ち着きましたが、お洋服が欲しい、たくさん持っていたいという気持ちから離れることが出来ませんでした。

10年の歳月をかけて育った考えをなかなかすぐに変えることはできません。私は気が付いた時には、“我慢が出来ない。欲しいと思ったものは確実に手に入れないと気が済まない”こんな感覚になっていました。

そして、理由をつけては新しい服を買っていました。

  • 今度のランチに着ていくときの服が欲しい
  • 旅行に行くから新しい服が欲しい
  • 新しい靴を買ったからそれに合う服が欲しい

だいたいこの理由で買ったお洋服はその時限りでその後着ません。

服はたくさんあるのに着たい服がない!

さっきの理由ばかりでお洋服を買うので、結局毎回、お洋服はたくさんあるのに、着たいものがない!と何十分もクローゼットで悩みまくっていました。

悩み過ぎて急いで選んだコーディネートは結局気に入っていないので、その日一日気分が上がらない。なんて日もしばしば。

今思えば本当に意味不明な行動です…。



”1ヶ月服買わないチャレンジ” やり方と経過報告

やり方はとっても簡単シンプル

  1. とにかく1ヶ月服を買わない
  2. 今ある服の整理をする
  3. 雑貨や日用品などの”買い物”はOK

ベースのやり方に加えて皆さん、オリジナルのルールも自由に追加されていました。私はごちゃごちゃルールを設けると、買う言い訳にしてしまいそうだったので、とにかくお洋服を買わないというシンプルルールにしました。

そして、夫に宣言をし、これもう逃げられない状況を作り、いざスタートしました。

1週間経過してみての変化

スタートして3日目当たりから禁断症状がさっそく出始めました。禁止されているとなおさら我慢しているという気持ちが強くなってしまい、反動でネットショッピングを見あさるありさま。

ただ、買うことはできませんので、気休めに色んなショッピングサイトに行っては可愛いものを“いいね”しまくってました。

何とか自分の買いたいという気持ちを抑えたいとおもい、あえて買い物カゴに入れてみました。そして買い物カゴに入ったお洋服たちをずらーっと眺め、消去。

意外や意外、これで買い物したい欲が少し収まったんです。

ここで気づいたのが、私はお洋服が欲しいのではなく、何かを“買いたい欲”を満たしたかったんだと。

買い物カゴに入れるまでを楽しんでいたことがわかりました。



2週間経過しての変化

2週間が過ぎたあたりで買いたい欲が落ち着いてきたので、今あるお洋服の整理を始めました。

「あー、こんなのあったな」「あれ?こんなの持ってたっけ?」

自分のお洋服の多さにドン引きしながら、”必要なもの”と、”悩み中のもの””不要なもの”に分けました。

タグが付いたままのものや、ショップ袋に入ったままのものもあり、買うことに満足していたんだなと気づきました。

悩み中に分類ものは、一度実際に着てみました。実際に着てみて、明らかに似合わなくなっているものは不要なものグループへ。全然着られる!となったものは必要なものグループに移動しました。

そして、不要なもたちはリサイクルショップやフリマアプリで売ったり、母に譲ったりして処分したりしました。

3週間経過しての変化

そうしてとうとう3週間が過ぎました。このころには最初のようなどうしてもお洋服が欲しい!という気持ちはほとんどありませんでした。

以前なら雑誌を読んで、この新作のワンピが欲しい!とすぐに検索していました。

それが「このコーディネートに似たお洋服があるから、この組み合わせを今度やってみよう!」と、今あるお洋服でどんなコーディネートが出来るかなという見方に変わっていました。

必要なものにグループ分けしたお洋服を把握し、雑誌でコーディネートの幅を広げられたらお洋服を買わなくちゃ!という気持ちよりも、組み合わせを楽しめるようになっていました。

”1ヶ月服買わないチャレンジ” 終了

あっという間に1ヶ月のチャレンジが終わりました。驚くほど、お洋服が欲しいという気持ちがなくなりました。

チャレンジをする前は絶対に無理!と思っていたのですが、気付けばその後3ヶ月もお洋服を買いませんでした。

何度か夫の服を買いにお店に行きましたが、「今必要なものはないから」とさらっと見るだけにとどまりました。

この言葉に夫も驚いていて、「本当に買わなくていいの?」と念押ししていました。

ガラリと変わったお洋服への価値観

量より質

このチャレンジでもっているお洋服を整理した時、衝動買いしたものは、ほとんど着ていないことに気づきました。

特に値段が安くなっていたからという理由や、とりあえず何か欲しい、と買いたい欲だけを満たすようなお洋服はほとんど着ていませんでした。

逆にしっかり考えて買ったお洋服は色んなものにコーディネートでき、着回しを楽しめ、長い期間愛用出来ています。

量より質というのは、値段の安い高いではありません。今の自分に必要か、今あるお洋服とコーディネート出来るかなど、色々考えて購入すると、そのお洋服の質が上がります。

そういった考えで物を手にしていかないと、増えていく一方だと気が付きました。

実際に久しぶりにお買い物に行った、たまたま入ったショップでとても可愛いお洋服に出会い、久しぶりに良い買い物が出来ました。(もうその洋服を買って数ヶ月経ちますが、オールシーズン使っています)

今までの習慣を断つことでできた新しい習慣

最初は絶対に無理!と思っていたチャレンジが成功して、新しい習慣がうまれました。

挑戦してみてよかったの一言につきます。

今はお洋服を定期的に見直して、不要になったものはすぐに売ったり処分し、長々と保管しないようになりました。

クローゼットがスッキリして、コーディネートで迷うことがほとんどなくなりました。同じコーディネートでも、お気に入り過ぎて飽きることなく着ることが出来ています。

たまに迷う時間が楽しい時もあるので、その時はファッションショーみたいになってしまいますが…。

まとめ

物欲が止まらない!という人、特にお洋服がタンスの肥やしになっている人は一度やってみるべきチャレンジだと思います。

ルールであれはOK、これは例外とする。など言い訳になるようなルールは排除して、とにかくシンプルに“買わない”ということに挑戦してみることです。

いかに“欲しい”という気持ちだけに振り回されていたか。これに気づくことが出来ました。

この1回のチャレンジだけで、もちろん全てが改善されたわけではありませんが、定期的にやっていくうちに、欲しいという気持ちがなくなっていきます。

“本当にそのお洋服は必要か?”と自分に問いただした時に、なかなかYESの返事があることは正直少ないです。

だってある物で本当は何とかなりますから。

スーツで行かないといけないシーンでスーツを持っていない。とかですら、スーツを普段着ないなら、レンタルでも可能なわけです。

そうして、“買う”ということを極力しない生活をこれからも送っていきたいと思います。

ちょっとやってみたいと思った方は、一週間からでもいいのでチャレンジしてみてください。