LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
心のケア

他人本位より自分本位で生きるとは?ワガママとの違い

こんにちは!ゆうころです。

周りの言葉に振り回されたり、周りと比べてしんどくなることありませんか?

さらっと言われた言葉がやけに引っかかり、いつまでたってもモヤモヤしてしまったり、他の人と自分を比べて勝手に落ち込んだり…。

私もいつも勝手によく落ち込んでいました。それは、他人本位な考え方になっていたからです。

本日は他人本位から自分本位の考え方に変えたら少し楽に、前向きになれた!というお話です。

  • 他人本位とは?
  • 自分本位とは?

この2点を掘り下げます。

他人本位とは?

辞書の意味

【他人本位】無視無欲で/他人のためだけに/人のために尽くして/自己犠牲で自分のことを省みず/他人のことだけを考えて

良さそうに見えて自分の成長を止める

この言葉の意味からも取れるように、人のために自分が動くことです。決して悪い意味ではないですが、他人本位の考えで行動してしまうと、結局自分は何をしたいのか。自分の目的や思考が育ちません。

実際に人のために動く方が楽だとも思います。相手が決めたことに従っていれば事が進むからです。

ずっと他人本位から抜け出せなかった

私はずっと他人本位の考え方で行動していました。自分の意見があっても、周りと違ったら合わせた方が楽ですし、反対意見を言わないので、嫌われる心配がありません。

自分の存在価値を高めたい、確かめたい気持ちが強すぎて嫌われることがないように周りの顔色を伺って判断してきました。

また、他人と比べて勝手に落ち込んで、挑戦したことから逃げていました。

これから説明する自分本位を知って、これからは他人本位な考え方をやめて切り替えていきましょう。

自分本位とは?

辞書の意味

【自分本位】自分を中心とした物事の考え方/自己本位。

自己中心的、ワガママとの違い

自分本位とは、ワガママや自己中心的になることではありません。自分のためになるように考えることです。
相手に考え方を押し付けたり、自分の考えを押し通すわけではありません。

例えば、無理に誘われた会社の飲み会。行きたくないし、かなり拘束されて他にやりたいこともある。

他人本位なら、みんな行くって言ってるし、断ったら上司の機嫌が悪くなるだろうな‥と考えた結果飲み会に参加します。

自分本位なら、二次会とかもあって、夜遅くまで帰れそうにないし、今日は帰って勉強したかったから断ろう。
こうなります。

周りからすれば、自己中に見えるかもしれませんが、そこを気にしてしまっては、また他人本位の考えに逆戻り。いつまでたっても自分の生きたいように生きられません。

キチンと断れば相手も理解してくれます。理解してくれない人とは付き合いをやめても良いと思います。それくらい自分のために周りにいる人も精査していく必要があります。



自分のための人生

他人のために人生を生きているのではありません。自分のために生きているのですから、周りに振り回されることのないよう、自分の気持ちや考えをもっと大切にしましょう。

周りの環境も日々変化します。今意見が合わない人とも月日が経てば、また合う日がきます。こない場合は、縁がなかった。その代わり新しい出会いがあります。

そうやって、自分の周りにはたくさんの人が関わってくれているんです。だから自分を大切にすることで周りの人も大切に出来るようになります。思っているほど周りはあなたに関心がありません。だから思い切った判断をしてみてください。

まとめ

自分本位はワガママや自己中心的とは違う、自分を大切にするためのワード。

徐々に意識しながら考えを他人から自分に変えていきましょう!

自分の成長のため、興味がある方は一度意識してみてください。