LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
体質改善

PMSの症状が改善してきた私の方法

こんにちは!ゆうころです。

PMS(生理前症候群)で悩んでいる方、多いですよね。私ももう何年も苦しんできました。改善方法が色々調べれば出てくるけど、全然良くならない!って思ってました。

そこで、先日こんなツイートをしました☟

PMSの症状がここ最近かなりマシになってきて、ほとんど症状が出なくなってきました。

かなり時間がかかりましたが、今日は実際にやってきたことをご紹介します。

  • 私のPMSの症状
  • 今までやってみたこと
  • 実際に効果があった方法

この3点を掘り下げていきます。

私のPMSの症状

精神面が一番つらい

そもそもPMSに気づいたのが5年くらい前です。それまでは生理前の症状ではなく、単に自分のメンタルが弱く、不安定なんだと思っていました。

具体的な症状としては

  • 物忘れが激しくなる
  • うつっぽくなる
  • 傷つきやすくなる
  • すぐイライラする
  • やる気が起こらない
  • 頭痛・腰痛がある

こんな感じでした。主に精神面の症状が強く、普通の言葉にもトゲを感じたり攻撃されているように感じていました。

そしてイライラもひどく、ちょっとしたことでカッとなってピリピリしていました。



理解されないことが何よりつらい

自分でもPMSで不安定になっていることを何とかしたいとは思っていますし、出来ればイライラしたり悲しい気持ちになりたくありません。

でも突然スイッチを押されたように感情が不安定になります。

だから一緒に暮らしている家族の理解が何より大切です。

夫になかなか理解してもらえない時期が長く、これもつらかった要因の一つでした。

自分が自分でコントロールできない罪悪感や、感情に振り回されていることがとにかくしんどかったです。

今までやってみたこと

色々調べてやってみたけど、効果なし

ネットで毎月PMSが来るたびに改善方法を調べては試し、の繰り返しでした。

大体ネットで書かれているのが、

  1. 適度な運動
  2. リラックス
  3. 規則正しい食生活

この3つです。

これは特にPMSじゃなくても大切なことですよね。

でもこれをすれば治ると書いてありますが、具体的な方法がわからずとりあえずこんな感じ?というような生活を送っていました。



サプリメントを飲む

あまり改善されず辛い日々が続き、病院に行くかどうしようか悩んでいました。

でもいざ調べると怖くなって、「病院に行くほどひどくないかも」と思ったり、「そんなことで病院に行かなくていい」と言われてやめました。

それでも何か治す術が欲しくて、そこでサプリメントを飲んでみることに。

”セントジョーンズワート”というハーブが不安定な気持ちを穏やかにしてくれる効果があるという事で飲みました。

結果は気休めでした。。

実際に効果があった方法

まず大切なのは周りの理解

一番大切なのが周りの人の理解です。私は特に、PMSが近づいてくるとまた夫に当たってしまうんじゃないか。また夫に怒られる…こんな不安な日々を過ごしていました。

何回説明してもわかってもらえない辛さ。特に男性からすればホルモンに操られていると言われても、なかなか理解できませんよね。

ここは根気よく説明するしかないですが、具体的にはどうして欲しいのかを説明するとわかってもらいやすいです。

放っておいて欲しい。優しくしてほしい。抱きしめてほしい。

男性はどうしたらいいのかがわからないので、具体的に伝えます。

私は夫に”言い訳するな”とか、責めるような言葉を言わないで欲しいとお願いしました。

市販のナプキンから布ナプキンに変える

子宮の冷えが大きな原因になっている人は多いです。

化学繊維がたくさん使われている市販のナプキンではなく、オーガニックな布ナプキンを使用するだけで、子宮の冷えが改善されます。

私は出かけるときや、量が多い日はオーガニックの使い捨てナプキンにして、家に居るときや軽い日には布ナプキンを使っています。

特にオーガニックコットンの使い捨てナプキンは市販のものと全然使い心地が違うので試してもらいたいです。

布ナプキンはハードルが高い…という方にもこのオーガニックコットンのナプキンだったら使いやすいと思います。

取り組んだ食生活

何か特定の食べ物を食べて症状が改善した。というのはありません。ただ、毎日食べている食材が

  • バナナ
  • キウイ
  • ヨーグルト
  • 野菜ジュース(スロージューサーで作ったもの)
  • 白湯
  • お酢

この5つです。そして食べるのをやめたのが

  • カップラーメン
  • ファストフード
  • 冷凍食品
  • 市販のジュース
  • 冷たい飲み物
  • 市販のお菓子
  • お酒

主に添加物が多く含まれているものを食べることをやめました。

私が考えるに、毎日何を食べるかより、この排除したものが大きいのではないかと思います。

添加物は今は避けることが難しくなってきています。ただ出来るだけ食べないように食べ物を選ぶことは出来ます。

なるべくカラダにプラスになるものを口にしたいですよね。



始めた運動

ジムにも通い始めて半年が経ちました。体を動かすことで気分もリフレッシュできスッキリします。

気分転換にもなり、体力もつくので一石二鳥です。

ジムでトレーニングではなくても、ヨガや、ストレッチなどカラダを動かすことも大切です。

激しい運動が苦手な人は、お散歩がてらウォーキングしたり、テレビを見ながら家で簡単なトレーニングをしたり何でもいいのでカラダを動かします。

こんな生活をしてようやく効果が…

夫にやっと理解してもらえたのが数か月前、そして食生活を気を付けだして3年、ジムに行き初めて半年ほどが経った今、ようやく生理の周期を管理するアプリで、PMS予報が消えました。

私自身も辛いと感じることがほとんどなくなり、気づいたら生理がくる日になっていた!というまでに改善しました。

まだ生理痛は少しありますが、それでも前に比べると生理からくるカラダの不調はほとんどありません。

そして、生理が来るとデトックスされた気分で、すっきりするようになりました。

まとめ

自分でどうしようもなくなってしまったり、辛いとかんじているなら病院にいって相談するべきです。辛さは人によって違いますから、辛いと感じるならお医者さんに相談してみる方がいいです。

自分でまずは何とかしたい!と思う方は根気よく自分の生活で無理なく出来ることから始めてみてください。

まずは自分を責めないで優しくしてあげてくださいね。