LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
ダイエット

お酢の効果で美肌&ダイエット!

こんにちは!ゆうころです。

こんなツイートをしました☟

食事の際にちょい足しするだけで、カラダにとっても良いことが起きるんです!

本日はお酢の効果、私のおススメのお酢を紹介します。

  • お酢の効果
  • お酢の種類 &使い方
  • おススメのお酢(早口言葉みたい…)

この3点を深堀していきます。

お酢の効果

  1. 内臓脂肪が減る
  2. 疲労回復を助ける
  3. 便秘改善
  4. 血糖値の上昇を緩やかに
  5. 高血圧抑制
  6. ビタミンC破壊防止

6つの効果があります!さらっと6つ書いてますが、かなりの効果ですよね。

特に30代からは血圧上昇予備軍と言われていますので、早いうちから取り入れたいですよね。

疲労回復の時間が早まるのに加え、肩こりや眼精疲労も軽減されます。

1日に約15ml (大さじ1杯)のお酢を摂取すると効果があると言われています。



お酢の種類 &使い方

お酢の種類別に使い方をご紹介します。

穀物酢

お酢と言えばこれ!と言えるほど定番のお酢です。小麦や米などが原料。加熱調理向けのお酢です。

米酢

精米した米が原料。米のみで作られたものは純米酢と言います。穀物酢と比べてアミノ酸が多く、ミネラルを含む。酢飯にピッタリのお酢です。

黒酢

お酢の中で最強!サプリメントになるような栄養満点のお酢。黒酢はガンの抑制にも効果があります。薄めてドリンクにして飲むのがおススメ。

リンゴ酢

リンゴの風味があるので、飲みやすいです。ポリフェノールが強く、抗酸化作用があります。食物繊維も豊富で腸内環境を整えます。こちらも薄めて飲むのがおススメ。

ワインビネガー

フランスでは一般的なお酢。ブドウポリフェノールが豊富でコレステロールの抑制も期待されています。食卓酢として使えます。お料理でワインを使う感じで使用します。

バルサミコ酢

アンチエイジング効果が絶大!ポリフェノールの量は黒酢の3倍です。こちらはサラダにかけたり、お料理のソースとして使うと食べやすいです。



おススメのお酢

私は毎日お酢をドリンクにして取り入れています。そんな中でもオススメなのが、”リンゴ酢”です。

説明にも書きましたが、まずは飲みやすさが続けられる最重要ポイントです。

お酢は酸っぱいし、香りもツンとしてどちらかというと苦手でした。でもリンゴ酢に出会って、こんなにおいしく飲めて、カラダに良いなら続けられそう!ということで、1ヶ月ほど、ほぼ毎日飲んでいます。

飲み方

お酢によって薄め方が書いてあると思いますので、商品の指示に従ってください。

氷入れずに、水か炭酸水で割ります。

食事の際に飲むようにしています。空腹時は刺激が強すぎて、胃を痛めてしまう可能性があるのでNGです。

私が感じた効果

私がまず感じたのは、食べすぎを防げるようになったことです。炭酸水で割ると特に、1杯飲み切るのと同じくらいに食事が終了します。

今まではお腹いっぱいになるまで食べていましたが、お酢の絶妙な刺激が食欲を抑えてくれます。

そして、疲れても回復が早まりました。一晩寝ても疲れが残っていることがほとんどなくなり、朝スッキリ起きられるようになりました!

リンゴ酢しかまだ飲んでいませんが、他のフレーバーのお酢もたくさんありますので、色々試していきます!

リンゴ酢はスーパーにも売っていますし、結構安いです。

簡単に始められると思いますので、早速今日の食事から取り入れてみてください。

お酢で体質改善、やってみませんか?

あわせて読みたい記事☟