LOHABIT
LOHAS+HABIT 「ロハビット」 良い習慣を身に付けて人生ゆたかに
未分類

ゼロカロリー商品のからくり

こんにちは!ゆうころです。

健康志向の方が増える中、よく見かける”糖質0!””カロリー0”と書かれた清涼飲料水や食べ物。

特に清涼飲料水は通常のものに加えて、カロリーオフバージョンが出ており、少しでもおいしいものを低カロリーにして健康のために…という方にとっても人気です。

でも、よく考えてみて下さい。元々カロリーがあった物をどうやってカロリーオフやゼロにしているんでしょうか?

答えは、”人工甘味料”です。

「カロリーゼロ」「糖質オフ」「低カロリー」と表示されているものにはほとんど”人工甘味料”が使われています。

今日はそんなカロリーゼロのからくりの正体”人工甘味料”について簡単にご紹介します。



人工甘味料のこわさ

ぞくぞくと種類が増えている人工甘味料

  • サッカリン
  • アスパルテーム
  • スクラロース
  • アセスルファムカリウム
  • ネオテーム

という5つの人工甘味料が日本とアメリカで認可されています。

サッカリンは砂糖の200~700倍の甘みがあり、アスパルテームは160~200倍、 スクラロースは600倍、アセスルファムカリウムは200倍、ネオテーム7000~1万3000倍です。

それだけの甘みがありながらカロリーゼロ。怖すぎませんか?

もし今近くにカロリーゼロ表示の飲料水があれば、表示を見てみてください。

この5つの人工甘味料のどれかが記載されているはずです。

脳が 人工甘味料を錯覚してしまう

この人工甘味料がカラダに入ると脳は砂糖を摂り込んだと思い込みます。

そうすると脳はカラダにカロリーが入ってくるのを待ちます。でもカロリーゼロなので一向に入ってきません。

そこで次にカラダに入ってきた食べ物などでカロリーを補おうとします。

なので必要以上に食欲が出てしまったり、食事量が増えてしまう結果に。

カロリーゼロのものを摂取しているのにカラダはさらにカロリーを必要としてしまうという本末転倒なことになってしまうんです。

たいした栄養もなし

市販の清涼飲料水自体にも言えることなのですが、たいした栄養もありません。

飲まないのが一番◎。

ヨーグルトや牛乳も低脂肪のものが出ていますが、そちらを買うくらいならヨーグルトだったら通常のものを砂糖なして食べる方がよっぽど栄養があります。牛乳なら飲む量を控えめにするだけでいいんです。

本来の栄養を失くしてまでカロリーをゼロにするメリットはありません。

習慣的にカロリーゼロを選んでいる人は見直そう

文字に惑わされずに知識をつけて自分で選ぶことが大事

”カロリーゼロ”この文字だけ見ればやはり魅力的ですし、カロリーがあるのとないのと、同じ商品ならないものを選びたくなる気持ちはわかります。

でも今この記事を読んで下さっている方は、ゼロカロリーの恐ろしさがわかっていただけましたよね?

知っているのと知っていないのでは大きく差が出ます。

もし家族でカロリーゼロを選んでいる方がいたら教えて差し上げてください。

元々栄養がある食材そのものをわざわざカロリーゼロにする必要なんてありません。



本当に健康志向な人は清涼飲料水は飲まない

清涼飲料水に関してはカロリーゼロであろうがなかろうが添加物の飲み物なので健康を気にしてゼロを選んでいるという時点で矛盾しています。

健康を気にするなら飲まないことが正解です。

正しく知識を身に付けて、自分のため家族のために口にするものを選ぶことはとっても大切です。

清涼飲料水を飲まない生活をすると、もう人工甘味料が甘すぎて飲めなくなります。

それくらい舌や味覚がバグを起こしてしまいます。カラダに良いものを選んで中から健康になりましょう。

合わせてこちらの記事もどうぞ。